任意整理と取り立て

借りたお金は、それが合法な金利や方法で貸し付けられたお金である限り返済をしなければなりません。

 

では、任意整理をお願いしても借金の返済はしなければならないのでしょうか。

 

専門家に依頼すれば取り立ては停止する

弁護士や司法書士などの専門家に任意整理を依頼した場合には、借金の返済を停止しても構いません。

 

専門家に任意整理を依頼すると、専門家は債権者に対して「受任通知」という私が任意整理を引き受けましたという書面を、内容証明郵便で送ります。債権者が受任通知を受け取ったら、その時点で債務者から借金の取り立てをすることはできません。

 

では、受任通知が債権者のもとに届く前に債権者から取立てが来たらどうすればいいのでしょうか。

 

その場合には、「専門家に任意整理を依頼した」と債務者が債権者に行っていただければ、債権者からの取り立てはありません。

 

和解成立後は支払わなければならない

専門家を間に挟んで債務者と債権者の間で交渉が行われ、無事に任意整理の和解交渉が成立したら、もちろん返済はしていかないといけません。

 

ちなみに、交渉をしている間にもしかしたら遅延損害金や利息が発生しているのでは、と心配する方もいるでしょうが、その間は取り立てはもちろん、利息や遅延損害金も停止しますので安心してください。

 

任意整理は比較的手軽に進められる手続きがですが、詳しい内容はしっかりと知っておかなければなりません。まずは任意整理に向けた無料相談を行い、借金の整理を進めるようにしてください。