どんな職業でもできるのか

任意整理をする人は、様々な職業に就いています。職業によって任意整理できないなんてことはあるのでしょうか。

 

働いている人の場合

任意整理をできるかどうかは、今後借金を返済できるかどうかが重要となってきます。

 

正社員が任意整理をするのであれば、全く問題はありません。借金を返済する上では収入が多いに越したことはありませんが、それよりも継続安定した収入であることが求められます。

 

よって、パートやアルバイト、派遣社員など非正規雇用の方でも任意整理をすることは可能です。

 

学生や専業主婦の場合

学生や専業主婦でもお金を借りられる銀行のカードローンが最近では増えていますが、学生の場合にはアルバイトなどの収入があれば任意整理は可能です。

 

専業主婦は収入がありませんが、配偶者からの協力が得られる見込みが高いため、任意整理も大丈夫でしょう。

 

無職の人の場合

しかし同じ収入がない人でも無職の人は話が別です。家族からの援助が見込める際には別ですが、収入がない無職の人で援助が得られないような場合には任意整理は難しいでしょう。

 

何らかの形で就職をしてから任意整理をする、あるいは自己破産をするなどの選択肢となりますので、慎重に検討しましょう。

 

自分一人では判断がしづらい場合には、無料で話が聞ける債務整理解決の無料相談を行っておきましょう。