任意整理は整理する借金を選べる

債務整理の中で最も効果が大きいのが自己破産ですが、自己破産が借金問題解決に最適というわけではありません。

 

場合によっては、任意整理を選んだほうが良い場合もあるのです。

 

 

任意整理は整理する借金を選べる

自己破産よりも任意整理を選んだ方がいい場合、そのケースの一つとして借金を自分で選んで任意整理することができるという点でしょう。

 

自己破産は全ての借金を帳消しにできる効果の高い債務整理方法ですが、問答無用ですべての借金を帳消しにしてしまいます。一見すると特にデメリットは感じませんが、もしその借金が住宅ローンだったりマイカーローンだった場合はどうでしょうか。

 

住宅ローンであれば返済中のマイホームを手放さなければならなくなり、マイカーですとマイカーを手放さなければなりません。借金生活からの復活において家と車は必要不可欠なものですので、なくなってしまうと困りますよね。

 

また、友人や家族が保証人となっている借金に関しては、これを自己破産にしてしまうと友人や家族に借金返済が回ることにもなりかねません。

 

このように、自己破産で借金を帳消しにして迷惑がかかる場合には、自己破産ではなく任意整理を利用するといいでしょう。

 

特に任意整理は、金利の高い借金に対して効果を発揮します。住宅ローンやマイカーローンはもともと低金利の借金ですので、これらを任意整理するメリットはさほどありません。

 

よって任意整理の対象とするのであれば、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの借金にするといいでしょう。消費者金融のキャッシングが返せない場合には、なるべく早めの借金の返済ができない相談を進めておくべきです。

 

任意整理しなかったカードは使えるか

クレジットカードのキャッシングもかなりの高金利借金ですので、うっかり使って借金返済に困ってしまう場合には、任意整理をするといいでしょう。

 

任意整理をしたクレジットカードは、もちろん新たに使用することはできませんし、任意整理をした時点で信用情報機関に事故情報として登録されますので、新規にクレジットカードを発行することはできません。

 

しかし、任意整理前にすでに発行しており整理の対象とならなかったクレジットカードは、即座に使用停止になることはありません。ただ、クレジットカードの有効期限はおおむね5年間で、期限を迎えると更新のために審査をします。その際に信用情報を確認することもあり、ブラックですとその時点からは整理しなかったクレジットカードも使えなくなるでしょう。

 

任意整理のブラックの期間はおおむね5年間ですので、それを経過したらカードを作るといいでしょう。

 

カードが作れないからと闇金に手を出さない

闇金融との接触は絶対に避けなければなりません。そもそも、闇金融の様な悪徳業者と正規の業者とでは、何が違うのでしょうか。違反行為を犯していることが、その一つに挙げられます。法律で定める制限を無視して、貸し出しを実施するのが悪徳業者の特徴です。

 

賃金業に携わる者であれば、国や都道府県への登録が必要です。登録の無い業者はもちろん、法律違反者となります。賃金業の登録確認は、悪徳業者を見極める対策として、しっかりと機能します。賃金業の登録を確認できなければ、ご利用検討から外さなくてはなりません。

 

賃金業者が登録しているのは、これだけではありません。業界には日本賃金業協会というものが存在します。そして今現在業界に存在する協会は、これのみとなっています。日本賃金業協会への登録は必須ではありません。よって、それを実施しなくても法律違反者とはなりません。しかし、事業展開を容易にするため、多くの企業が賛同して登録を実施しています。

 

協会に登録を申請した業者には、番号が割り当てられます。その登録番号を悪用して、消費者への詐欺を企てる者が闇金融です。協会に登録していないにも関わらず、出鱈目な番号を勝手に記載して、詐欺を企てているのです。その様な番号は確認すればすぐに分かるため、専用サイトで照会してみましょう。

 

もしそれでも闇金融を利用してしまった方がいたら、返済を進める前に闇金の解決に向けた専門家への相談を進めるようにしてください。闇金から借りたお金は本来支払う必要が無いので、正しい手続きで進めればお金を無駄にせずに闇金に返さずに解決が可能となるのです。